脊髄損傷者専門トレーニングジムのJ-Workout(ジェイ・ワークアウト)株式会社


中国語(簡体字)
繁体字

ジェイワークアウト株式会社


HOME > J-Workoutについて > 代表挨拶

代表挨拶

私が脊髄損傷になった2002年当時、日本に車椅子でトレーニングできる環境はあまりありませんでした。
退院して1年、遠く離れたアメリカに脊髄損傷者を専門にトレーニングができるProject Walkという施設を見つけました。
親友の渡辺淳氏に通訳をお願いし訪れ、初めての印象は自分と同じような障害のある方がバリバリトレーニングしている姿にただただ感動し言葉にならなかった事を覚えております。
私がトレーニングをすべき環境はそこにしかないと感じた渡辺淳氏はProject Walk社のトレーナーとなり、私たちはトレーナーとクライアントとして共同生活をスタートさせました。
いつしか私達はこんな施設を日本に作りたいと思い描くようになり、どうすれば日本人に適したトレーニングになるか、どうすれば日本人に受け入れられるトレーニングになるか語り合ったことは懐かしい思い出であると同時に私の糧となっております。
創設者渡辺淳というカリスマを失いながら、その強い遺志を継ぐトレーナーと彼らを信じてついて来て下さるクライアント様に支えられ、私達は300人近いクライアント様の希望になってきました。
今でこそ車いすでも使えるトレーニング施設は少しずつ増えてきましたが、民間でありながら脊髄損傷者に特化したトレーニングプログラムを提供できるのは私たちが日本初だと自負しております。
私の強みである当事者としての目線を経営に活かし、熱い想いのトレーナーと共に後世までJ-Workoutという名前を残していけるよう邁進してまいります。
何卒、格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


J-Workout株式会社 代表取締役社長 伊佐 拓哲

J-Workoutスタッフ 2012年