脊髄損傷者専門トレーニングジムのJ-Workout(ジェイ・ワークアウト)株式会社


中国語(簡体字)
繁体字

ジェイワークアウト株式会社


HOME > J-Workoutについて > スタッフ紹介 > Research Staff

スタッフ紹介





Research

石河 直樹

J-Workout公認トレーナー
リサーチセンター センター長

石河 直樹


【自己紹介】

10期生の石河直樹です。愛知県出身で前職は、回復期病院にて4年間理学療法士として勤務を致して下りました。病院では、脳卒中、整形疾患、脊髄損傷、切断患者様など多くの患者様に対してリハビリを提供させて頂きました。これらの経験とJ-workout独自のトレーニングを融合させてクライアント様に提供していきたいです。
趣味は、読書・映画鑑賞やフットサル・スノーボードなどインドアとアウトドア両方です。


【J-Workoutに就職した理由】

前職で脊髄損傷患者様の回復期後のリハビリ施設を調べていた際にインターネットで知りました。脊髄損傷者のトレーニング施設は、全国的に少ないですが脊髄損傷を専門に積極的に訓練を行っているJ-Workoutの理念に感動して入職いたしました。


【今後の展望・意気込み】

病院で得た知識と経験、J-workoutの独自トレーニングをうまく融合させ歩行困難と宣言された脊髄損傷者様の歩行獲得を目指し、奇跡・偶然・まぐれと言われないよう成果を上げて将来的には再生医療との連携がとれるようにしていきたいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. Bere foot training specialist

市川 春菜

J-Workout公認トレーナー
リサーチスタッフ

市川 春菜


【自己紹介】

5期生の市川春菜です。
中学・高校とソフトテニス部に所属し毎日練習に励んでいました。小さいころから体を動かすことが好きで、出身地である高知県でのびのびと育ちました!
その後、岡山県某大学の理学療法学科に入学。理学療法について学び、病院実習などを行う中で患者様の一番近くで気持ちを共有しながら、サポートを行うことができることにとてもやりがいを感じました。
大学卒業後J-Workoutに入社し、現在日々成長していけるよう勉強中です!


【J-Workoutに就職した理由】

以前放送された「夢の扉」という番組をみてJ-Workoutのことを知りました。
「回復に限界はない」と一つの目標に向かって奮闘するトレーナーとクライアントの皆様の姿に感動と衝撃を受けました!
また私が、大学で学んだ知識なども生かすことのできる現場であると考え就職を希望しました。

【今後の展望・意気込み】

日々経験を積み知識・技術の向上はもちろんのこと、精神面や考え方なども成長できたらと思います。
クライアントの皆様や、トレーナーのみなさんから多くのことを吸収していき、また自分からも発信できるよう頑張ります!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. レクリエーション・インストラクター
  4. 福祉住環境コーディネーター 2級
  5. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

大柴 優樹

アシスタント
リサーチスタッフ

大柴 優樹




西部美由紀

J-Workout公認トレーナー
リサーチスタッフ

西部美由紀


【自己紹介】

広島から上京してJ-Workoutでトレーナーをしている西部美由紀です。
私は単に英語が大好きで世界中の国の人と英語で友達になりたいという単純な理由で、 高校卒業後にアメリカのアイダホ州という田舎の辺鄙な場所へ移りました。
アイダホ州立大学へ入学し体育学部アスレチックトレーニングを専攻していました。
中学・高校時代にはバスケット部に所属。
その頃、足首や膝を怪我をすることが多かった事と、理科と体育が好きだった事がきっかけとなりアスレチックトレーニング(スポーツ医療の一種)を専攻することに決めました。
2007年に大学を卒業して、米国認定アスレチックトレーナーの資格を取得。
ワシントン州シアトル郊外の某理学療法クリニック・地元広島の某整形外科で就職したのち、東京へ上京し現在にいたります!


【J-Workoutに就職した理由】

日本の整形外科でトレーナーとしてできることに"限界"を感じました。
自分のスキルアップとキャリアアップを目指しネットで東京のトレーナーの求人情報を探していたところ、J-Workoutを発見。
"KNOW NO LIMIT" という言葉が "自分の人生に制限をしてはいけない" という自分の人生観と一致。
渡辺先生が日本の病院ではアメリカの資格は通用せず、会社を設立したという経緯から、アメリカの大学を出た人が社長であれば、かならず分かってくれると期待も大きかったです。そして、クライアントの方々のブログやJ-Workoutの活動内容、アメリカの本社のウェブサイトを読んで感銘を受け、この中の一員になりたいと思いました。


【今後の展望・意気込み】

「この人に会うだけでも元気になる!」と言ってもらえるような笑顔を絶やさないトレーナーであり続けるよう頑張ります!
自分の担当しているクライアントさんを歩かせる事を目標に一日を大切にします!!
そして、もっと『脊髄損傷』について勉強して、知識と技術の向上しいきます!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 米国認定アスレチックトレーナー
  3. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

J-Workoutスタッフ
■スタッフ写真