脊髄損傷者専門トレーニングジムのJ-Workout(ジェイ・ワークアウト)株式会社


中国語(簡体字)
繁体字

ジェイワークアウト株式会社


HOME > J-Workoutについて > スタッフ紹介 > Team Leader

スタッフ紹介





Team Leader

Tokyo Stadio

佐々木慎太郎

J-Workout公認トレーナー
チームリーダー

佐々木慎太郎


【自己紹介】

小学サッカー、中・高バレーボール。就職で東京に上京し、再びバレーボールに出会い自分でチームを作るくらい好きになってしまいました。現在は活動していませんが、機会があればまたできたらと思っています。
経済大学卒業後、一度就職し、スポーツトレーナー専門学校を経てJWに入社しました。


【J-Workoutに就職した理由】

専門学校在学中に就職活動をしていてネット上で見つけたのがきっかけです。脊髄損傷の名前すら知らず、スポーツクラブとは違うトレーニング施設なんだろうと思い、一度見学させてもらうことにしました。遠くから見ていて何をしているのかわかりませんでしたが、トレーナーとクライアントが楽しそうにトレーニングしていたのが印象的で、もっと知りたいと思い、アルバイトさせてもらうことにしました。
つらいトレーニングなのに楽しそうにやっている姿はアルバイトをさせて頂いている間も変わりませんでした。いつの日か、つらい時も頑張ろうという原動力になり、人の為になる仕事がしたいという思いが重なり決めました。
そしてこういう人になりたいと思っていた故渡辺淳という存在が大きかったような気がします。


【今後の展望・意気込み】

より充実した私生活を送ってもらえるよう取り組んでいこうと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. NESTA-PFT
  3. SA@ LV1
  4. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

小田 恵里花

J-Workout公認トレーナー
チームリーダー

小田 恵里花


【自己紹介】

4期生の小田恵里花です。小学から大学までずっとスポーツを続けてきた中で現在のポジティブな心とたくましい身体を大いに育んできました。
小・中学と軟式野球を7年間男子に混ざり続け、常に希望を捨てず努力した結果、中学までずっとレギュラーとして活躍(学童野球で全国制覇、中学総体で関東ベスト8)大きな夢も踏み出す勇気と小さな努力なんだ!!と小学生ながらに実感したのを今でも強く覚えています。高校・大学では陸上競技の投擲、やり投を専門に競技を続け、夢の50m超えでインカレ5位入賞。将来はスポーツの指導に関わりたいと考えていたので体育大学でスポーツ科学を専攻。運動の分野を多岐に渡り学びました。


【J-Workoutに就職した理由】

車椅子プロテニスプレイヤーの国枝慎吾選手の特集番組で、今は亡き渡辺淳先生の姿を拝見し、この世界に一気に引きこまれました。
不可能といわれていることに挑戦している姿を見て胸が熱くなったと共に、私もこの世界で一緒に常識を覆していきたいと強く思いました。私自身もスポーツを続けてきた中で、周りに「困難だ...厳しい...」といわれる状況になればなるほど、力がみなぎってくるようなタイプだったので、どんな状況でも諦めない!この精神が、この仕事でも生かせるのではないかと思い、この道に進みました。


【今後の展望・意気込み】

とにかく前進あるのみです!!
たくさんの元気と希望を与えていけるよう、そしてクライアントさんの積み重ねの小さな努力を大きな変化へと繋げられるよう、自分自身が常に進化し続けていたいと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 一般体操指導員資格
  3. 中学/高校教員免許(保健体育)
  4. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

澤 幸恵

J-Workout公認トレーナー
チームリーダー

澤 幸恵


【自己紹介】

岡山出身で、中学生時代を四国香川で過ごし、長崎の大学で理学療法を学び東京にやってきました。
なので色んな方言が混ざり、言葉遣いがよくわからないことになっています。
小・中と大学でテニスをしていました。運動は大の得意というわけではありませんが、見るのもするのも大好きです。


【J-Workoutに就職した理由】

元々、脊髄損傷の方のリハビリにかかわりたいと思い、理学療法士を目指しました。しかし実際に実習で病院の現場をみて、特に日本ではまだまだ脊髄損傷の方に対する回復という考えはほとんどないことを感じました。
どうにかできないのか、もっと長期的に関われないのかと考えている時に、J-Workoutの存在を知り、調べるうちに私のやりたかったことはこれだと確信しました。本当に偶然に発見したので、ただならぬ運命を感じ、迷わず履歴書を送りました。


【今後の展望・意気込み】

『努力は実る』『継続は力なり』という言葉のもと、今まで過ごしてきました。今後もそれを信条とし、私自身常に成長したいと思います。更に今まで学んだ知識もうまく使い少しでもみなさんのお役に立てればと思っています。
人と関わることが大好きなので、みなさんが楽しくトレーニングできるようなサポートができればと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

Osaka Stadio

市川 春菜

J-Workout公認トレーナー
チームリーダー

市川 春菜


【自己紹介】

5期生の市川春菜です。
中学・高校とソフトテニス部に所属し毎日練習に励んでいました。小さいころから体を動かすことが好きで、出身地である高知県でのびのびと育ちました!
その後、岡山県某大学の理学療法学科に入学。理学療法について学び、病院実習などを行う中で患者様の一番近くで気持ちを共有しながら、サポートを行うことができることにとてもやりがいを感じました。
大学卒業後J-Workoutに入社し、現在日々成長していけるよう勉強中です!


【J-Workoutに就職した理由】

以前放送された「夢の扉」という番組をみてJ-Workoutのことを知りました。
「回復に限界はない」と一つの目標に向かって奮闘するトレーナーとクライアントの皆様の姿に感動と衝撃を受けました!
また私が、大学で学んだ知識なども生かすことのできる現場であると考え就職を希望しました。

【今後の展望・意気込み】

日々経験を積み知識・技術の向上はもちろんのこと、精神面や考え方なども成長できたらと思います。
クライアントの皆様や、トレーナーのみなさんから多くのことを吸収していき、また自分からも発信できるよう頑張ります!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. レクリエーション・インストラクター
  4. 福祉住環境コーディネーター 2級
  5. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

上田智樹

J-Workout公認トレーナー
チームリーダー

上田 智樹


【自己紹介】

私は中学校、高校とバスケットボールをし、何かスポーツの現場に関われる勉強がしたいと思い、アスレティックトレーナーという職業があることを知り、アメリカの大学で学ぶことを決意しました。一年間日本で英語を勉強したのち、約4年間、アメリカ、カリフォルニア州のフレズノという小さな町の大学で勉強し、アスレティックトレーナー資格を取り、帰国しました。在学中は、現地の高校や、大学でバスケットボール、アメリカンフットボール、陸上などのチームでインターンシップをしていました。帰国後は約半年間、フィットネスジムでトレーナーとして働いていました。
好きな言葉は、"Where there is a will, there is a way." です。


【J-Workoutに就職した理由】

トレーナー向けの求人サイトでの募集を見たのがきっかけです。以前、テレビ番組でJ-Workoutがピックアップされていたのをたまたま見て印象に残っていたこと、帰国後リハビリ関係の道に興味があったこと、大学で学んだことを役に立てられることなどが重なり、一気にこの仕事に魅力を感じ、選考を受けることに決めました。


【今後の展望・意気込み】

一日一日の学びの積み重ねを大事にしていこうと思います。 クライアントの方々、他のトレーナー、アシスタントの方々のパワー、元気、やる気に負けないよう頑張ります!!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 米国認定アスレティックトレーナー
  3. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

J-Workoutスタッフ
■スタッフ写真