脊髄損傷者専門トレーニングジムのJ-Workout(ジェイ・ワークアウト)株式会社


中国語(簡体字)
繁体字

ジェイワークアウト株式会社


HOME > J-Workoutについて > スタッフ紹介 > Trainer

スタッフ紹介





Trainer

Tokyo Stadio

中村 晋二

J-Workout公認トレーナー
脊髄損傷回復スペシャリスト(プロジェクトウォーク)

中村 晋二


【自己紹介】

J-Workoutの一期生、トレーナー兼フロアーマネージャーをさせて頂いております中村晋二です。
学生時代は野球とバスケットボールを経験し、アメリカ、サンディエゴの大学を卒業致しましたが、特に運動系の専攻科目は取らず、今の仕事に関してはこの会社に入り一から学びました。


【J-Workoutに就職した理由】

故 渡辺淳と18歳で知り合い、一時期はルームメイトとしても一緒に大学生活を送っていた事もありました。それぞれ卒業し、彼はサンディエゴの Project Walkに就職、私は料理の道を歩んでいました。後々、彼が日本で会社を始めたと聞き、久々に再会するため彼の会社を訪ね、その仕事を知った時、人と接し、人の為になる仕事をしたいと胸にあった私は感銘を受けました。それが、この仕事を志願した理由の一つでもあったのですが、何よりも私の一番信頼出来る渡辺淳と共に仕事をしたいと思ったのが最もな理由でした。


【今後の展望・意気込み】

フロアーマネージャーとして、より清潔で整理整頓されたジム環境を作り上げていきたいと思います。


[取得免許]
  1. 脊髄損傷回復スペシャリスト(プロジェクトウォーク)2009年10月8日 取得
    Certified Spinal Recovery Specialist (CSRS) by Project Walk
    http://www.projectwalk.org/
  2. J-Workout公認トレーナー
  3. AED心肺蘇生法実技講習 修了済
  4. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

久保亜紀子

J-Workout公認トレーナー

久保 亜紀子


【自己紹介】

関西圏なのに東京から6時間ほどかかる和歌山県新宮市出身、大学は神奈川、そして今年から東京都民になった久保亜紀子です。中学高校とバスケットボール部に所属。スポーツ全般するのも観るのも大好きです!大学では体育学部生涯スポーツ学科に所属し、主に障碍者スポーツを専攻。
知的障碍の特別支援学校でバスケットボールの指導をしたり高齢者スポーツの指導といった活動を行っていました。


【J-Workoutに就職した理由】

J-Workoutの存在を知ったきっかけは、大学の授業で観たウォーキングイベント「KNOW NO LIMIT 2009」のDVDです。目標に向かって諦めない一生懸命な姿を見て感動したと共に、こんな会社が日本にあるんだ!ということに驚愕。実際に見学させてもらった際に、トレーニング中のクライアントとトレーナーの真剣ながらも笑顔で明るい雰囲気に惹かれ、就職を希望しました。


【今後の展望・意気込み】

クライアントからも他のトレーナーからも信頼されるトレーナーになるために多くのことを学んでいきます! そして社会人として肉体的にも?精神的にも成長していきたいです!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 初級 障害者スポーツ指導員(財団法人 障害者スポーツ協会)
  3. 赤十字救急法(日本赤十字社)
  4. スポーツプログラマー(財団法人 日本体育協会)
  5. スポーツリーダー(財団法人 日本体育協会)
  6. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

伊田 菜津美

J-Workout公認トレーナー

伊田 菜津美


【自己紹介】

神奈川県平塚市で22年間のんびり元気に育ってきました。高校まではバスケットボール部に所属。バスケットに限らず体を動かすのが大好きです。
幅広いスポーツについて学びたいと感じ、大学では生涯スポーツ学科に進学。主にアダプテッドスポーツを専攻に勉強してきました。また、大学2年生からはインターンという形でJ-Workoutで働かせていただき、大学では学べない貴重な経験をさせていただきました。


【J-Workoutに就職した理由】

テレビを通してJ-Workoutを知ったのが最初のきっかけです。
インターンという経験を通し、人の身体の可能性を感じたこと。トレーナーとクライアント様の信頼関係を感じ、自分も一トレーナーとして働いてみたいと思ったこと。また、人の人生に深く関わっていけるような仕事がしたいと考えていたことがリンクし、就職を希望しました。


【今後の展望・意気込み】

クライアント様の人生に変化を与えられるトレーナーになれるよう、仕事面だけでなく人としても日々成長していきたいと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 赤十字救急法(日本赤十字社)
  3. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

渡部 勇

J-Workout公認トレーナー

渡部 勇


【自己紹介】

2014年6月に入社致しました。7期生の渡部です。新潟県出身
前職は理学療法士として3年間病院で勤務していました。病院では急性期から慢性期の脊髄損傷者の方に対し在宅復帰に向けた機能回復、ADLの獲得を目指しリハビリを提供していました。その他の脳卒中、 骨折、難病など多くの患者様と携わってきた経験を活かしいければと思います。趣味はフットサル、ダイビング、スノーボードです。得意なスポーツは バスケットと卓球です。


【J-Workoutに就職した理由】

Know No Limit 2013でボランティアスタッフとして参加させていただいた際に、J-Workoutでのトレーニング効果を目の当たりにし、私もクライアントの皆さんと 共に「回復に限界はない」を追い求めたく入社致しました。


【今後の展望・意気込み】

「歩きたい」をクライアントの皆さんと共に実現させる。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. 福祉住環境コーディネーター 2級
  4. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

大方 将也

J-Workout公認トレーナー

大方 将也


【自己紹介】

7期生 広島県出身
柔道整復師を養成する専門学校を卒業。
中学・高校では、サッカー部に所属。昔からスポーツが大好きで、特技はボーリングです。
JWに入社する前は、治療院、フィットネスクラブで約2年半勤務していました。


【J-Workoutに就職した理由】

車椅子サッカーのボランティアに参加した際、日常生活動作(歩行等)に障害を持った方々に対して、「何かしら力になりたい!」と強く思いました。そして、JWの存在をインターネットで知り、企業理念である "多くの人に『感動』を与える" という言葉に感銘を受け就職を決意しました。


【今後の展望・意気込み】

日々様々な事に「挑戦」し「前進」できる様、精一杯頑張りたいと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 厚生労働省認定 柔道整復師
  3. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

北村 由梨香

J-Workout公認トレーナー

北村 由梨香


【自己紹介】

神奈川県出身です。
大学では福祉や心理について学びました。
就職では、大学で学んだこととはあまり関係のない一般企業での営業や事務、テレビ番組のADなどを行ってきました。
スポーツは剣道、バレーボール、サッカー、フットサル、グラウンドホッケーをやっていました。
休日はバーベキューをしたり、ディズニーリゾートに行ったり、ドライブしたりと比較的外に出ることが多いです。もちろん家の中でゆっくりするのも好きです。
クライアントの皆様と楽しくトレーニングを行っていけるよう、日々勉強をしていきたいと思います。
よろしくお願いします。


【J-Workoutに就職した理由】

中学生の時からスポーツ関係の仕事に就くかトレーナーになりたいと思っていました。
しかし、なんだかんだ違う方向へ流れてしまいました。
このままではいけないと思い、フィットネスクラブでトレーナーを目指しアルバイトを始めました。
より専門的な知識を身につけ、より人のためになる仕事をしたいと思い探していたところJWに出会いました。
そしてKNLを見に行って感銘を受け、自分もここで働いてトレーナーになりたいと強く思い就職を希望しました。


【今後の展望・意気込み】

クライアント様の目標を達成し、一つでも多くの笑顔を作れるようにしっかり勉強をして楽しくトレーニングができるトレーナーになりたいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

小西 杏奈

J-Workout公認トレーナー

小西 杏奈


【自己紹介】

千葉県の出身です。 今年の3月に大学を卒業し、大学では心身の健康ということについてスポーツや人との関わり、教育等様々な面から学んできました。 中学からバレーボールを始め、今でも続けています。小さい頃から外で遊ぶこと、スポーツをすることが大好きでした。


【J-Workoutに就職した理由】

就職活動の最中にJ-workoutという会社があることを聞き、ホームページを見たことがきっかけです。「歩けない」と言われた人に対し、歩くこと、社会復帰のサポートをするという挑戦を続けている場で自分自身も成長していきたいと思いました。「手助けをしたい」という思いよりも、回復を目指しトレーニングする場に一緒にいたいと強く感じました。


【今後の展望・意気込み】

一緒にトレーニングしたいと思われるような人になりたいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

酒井 翔太郎

J-Workout公認トレーナー

酒井 翔太郎


【自己紹介】

8期生の酒井翔太郎です。茨城県水戸市出身。
中学・高校ではサッカー部に所属。
アスレティックトレーナーの専門学校、鍼灸の専門学校を卒業。卒業後、鍼灸院で2年間勤務しながら、大学ラグビー部でアスレティックトレーナーとして活動していました。


【J-Workoutに就職した理由】

大学ラグビー部でのトレーナー活動を通してJ-Workoutの存在を知り、目標に向かって諦めずに努力するクライアントさんの姿を見て感動したと共に、クライアントさんとトレーナーの強い信頼関係を感じました。
自分もクライアントさんと強い信頼関係を築き、一緒に目標に向けて挑戦したいと考え就職を希望しました。


【今後の展望・意気込み】

挑戦する姿勢を忘れずに、日々成長できるよう頑張りたいと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
  3. 厚生労働省認定 鍼灸・あん摩マッサージ指圧師
  4. 日本ACLS協会 BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

堀江 悠太

J-Workout公認トレーナー

堀江 悠太


【自己紹介】

3歳〜中学生 水泳
・中学生 バスケ
・高校生 水泳
・アメリカのサウスダコタ州にある大学でアスレチックトレーナーの学科を専攻し、3年間大学や高校で研修していました。


【J-Workoutに就職した理由】

大学の授業で脊髄損傷について調べている時に J-Workout のHPを見つけました。
大学で学んだ事を活かせる職場で、自分自身も日々成長できる職業だと思い就職しました。


【今後の展望・意気込み】

クライアントと共に日々成長するトレーナーになりたいと思います。
・自分自身にも "KNOW NO LIMIT" 〜限界はない〜という気持ちでがんばります。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)
  3. 公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト(NASM-PES)
Osaka Stadio

八木 崇

J-Workout公認トレーナー

八木 崇


【自己紹介】

京都で生まれ、幼少期から水泳、野球、サッカーと身体を動かすことが好きで、自然と身体のことに興味を持ち、仕事になりました。思ったことはやらないと気がすまない性格なので、栄養、スポーツ、鍼灸とさまざまな分野に関わり、身体が変わることで、身体と心を元気にすることをやりがいとしてやってきました。


【J-Workoutに就職した理由】

パーソナルトレーナーとして活動していた時期に契約していたフィットネスジムの年末総会で、人生をかけてクライアント様のために活動する志の高い会社だと J-Workoutが紹介されました。心の底から感動し、ぞわぞわした感覚があり、自分も同じ気持ちで、仕事がしたいと思ったのが、就職動機です。


【今後の展望・意気込み】

J-Workoutでの知識や経験を積むことはもちろん、栄養のことをもう一度本質から深く学びなおし、クライアント様の回復スピードがより早くなるように努力し脊髄損傷の将来が、より明るくなるようにしたいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 栄養士
  3. JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会)
  4. 鍼灸師

J-Workoutスタッフ
■スタッフ写真