脊髄損傷者専門トレーニングジムのJ-Workout(ジェイ・ワークアウト)株式会社


中国語(簡体字)
繁体字

ジェイワークアウト株式会社


HOME > J-Workoutについて > クライアント情報 > クライアントの声 > 高橋 亮彦

クライアントの声【高橋亮彦】

高橋 亮彦
東京都
  • 高橋 亮彦
  • 高橋 亮彦
  • 高橋 亮彦
  • 高橋 亮彦
  • 高橋 亮彦
  • 高橋 亮彦
高橋 亮彦

Q1.受傷原因・状態は?
A.事故のレベルはT11〜L1までを骨折し、特にT12は粉砕骨折でした。
医師の診断結果は、完全麻痺・フランケルの分類ではフランケルAで同じ衝撃を首に受けていたら即死だったとのことでした。
そして「一生歩くことは出来ない」と言われました。

Q2.今までのリハビリではどのような事をしていましたか?
A.J-Workoutの前には病院に入院してリハビリをしていました。
病院では車椅子での生活に慣れること、車椅子技能の向上がメインで足自体は少し立位をとったり、関節が固まらないようにすることで体調の維持を目的とするものでした。
それ以外にロコマットという機械の実験に参加していました。

Q3.J.W.についての感想は?
A.最初は正直歩けると言われても信じることが出来ませんでした。
しかし、トレーニングを続けていく事で足の感覚が上がったり全く動かなかった足に動きが出てきたり、排便排尿にも変化がでてきました。
少しずつ自分の体が変化していく中、渡辺さんをはじめトレーナーの方達が患者のことを想って懸命にトレーニングして下さる姿、そして同じ様に脊髄損傷になった人達がすごく前向きにトレーニングしている姿を見ながら、自分の気持ちも前向きになっていくことができました。

Q4.今後の目標は?
A.今後は少しでも以前の歩きに近づけるように努力していき完全麻痺は"一生歩けない"という常識を変えたいと思います。

→会員の声TOPへ