脊髄損傷者専門トレーニングジムのJ-Workout(ジェイ・ワークアウト)株式会社


中国語(簡体字)
繁体字

ジェイワークアウト株式会社


縮小営業のお知らせ

クライアントの皆様へ

ご承知の通り現在世界中で新型コロナの拡大が広がり危機的な状況が刻一刻と進行しております。
感染され今なお戦っていらっしゃる方へお見舞いを申し上げるとともに、残念ながらお亡くなりになられた方へお悔やみを申し上げます。

その中で今後の弊社の営業体制に関してお知らせいたします。
弊社は3月25日の東京都の週末・夜間の外出自粛要請を受け東京では27日〜29日の営業を取りやめいたしました。
続く大阪府、福岡県の自粛要請を受け29日には全スタジオで営業を中止いたしました。
感染のリスクを考え安心していただくクライアント様もいらっしゃる一方で、トレーニングが長期間空いてしまうことでの体力や機能低下を心配される方からのお悩みも数多く頂きました。 その声にお応えすべく弊社は東京・大阪・福岡にて状況を見ながら営業を続けてまいりました。

そのような中、先日政府より発表をされた緊急事態宣言を受け、弊社では次のような対応を行い接触のリスクを削減しながら大幅に規模を限定して営業を行わせていただきます。
・電車通勤のスタッフの出社を必要に限り、週1日までとし、4日間は自宅勤務もしくは休業といたします。これにより出勤による外出を80パーセント以上削減します。

・クラスター感染予防の観点から1クライアント様に対しトレーナー1名・アシスタント原則1名を配置し、トレーニング中のアシスタントのクライアント様をまたいでのアシストを禁止し、いらっしゃるクライアント様ごとに手洗い・消毒の徹底を行います。

・スタジオごとの定員人数を削減し、トレーニング中のクライアント様同士の距離を確保します。
・緊急事態宣言解除まで、原稿のキャンセルポリシーを無効にし、3日以内のキャンセルに関しても振り替えを行う特別対応をさせていただきます。
・クライアント様の人ごみの移動のリスクを避けるため、ご自宅で出来るメニューをこれまで以上にご提案させて頂くほか、SNS等を通じ様々な情報発信を行います。
・スタジオごとに自治体の要請に応じ適宜営業体制を見直していきます。

以上のような対策のもと、先の見えない恐怖と戦いながらも、トレーニングを開けてしまうことでの体力や機能の低下を心配されるクライアント様のお悩みともできる限り向き合っていきたいと考えております。
つきましては規模縮小営業を行うため、通常トレーニング通りのサービスが提供できない場合があるほか、ご予約やお問い合わせ、ご案内などで不手際が生じることもあるかと思いますが、どうぞご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

2020年4月9日
J-Workout株式会社
代表取締役 伊佐拓哲
取締役COO 谷野雅紀


【東京スタジオ】施設使用制限のお知らせ(2020年4月10日)
オフィス営業時間短縮と電話対応時間短縮について(2020年4月10日)
新型コロナウイルスによる営業縮小のお知らせ(2020年4月9日)
【重要】東京スタジオ休業と弊社の新型コロナウイルスの対応に関するお知らせVol.5(2020年3月28日)
【重要】東京スタジオ休業と弊社の新型コロナウイルスの対応に関するお知らせVol.4(2020年3月26日)
弊社の新型コロナウイルスの対応に関するお知らせVol.3(2020年3月8日)
弊社の新型コロナウイルスの対応に関するお知らせVol.2(2020年3月2日)
弊社の新型コロナウイルスの対応に関するお知らせVol.1(2020年2月26日)