脊髄損傷者専門トレーニングジムのJ-Workout(ジェイ・ワークアウト)株式会社


中国語(簡体字)
繁体字

ジェイワークアウト株式会社


HOME > J-Workoutについて > スタッフ紹介 > Trainer

スタッフ紹介





Trainer

Tokyo Studio

中村 晋二

J-Workout公認トレーナー
脊髄損傷回復スペシャリスト(プロジェクトウォーク)

中村 晋二


【自己紹介】

J-Workoutの一期生、トレーナー兼フロアーマネージャーをさせて頂いております中村晋二です。
学生時代は野球とバスケットボールを経験し、アメリカ、サンディエゴの大学を卒業致しましたが、特に運動系の専攻科目は取らず、今の仕事に関してはこの会社に入り一から学びました。


【J-Workoutに就職した理由】

故 渡辺淳と18歳で知り合い、一時期はルームメイトとしても一緒に大学生活を送っていた事もありました。それぞれ卒業し、彼はサンディエゴの Project Walkに就職、私は料理の道を歩んでいました。後々、彼が日本で会社を始めたと聞き、久々に再会するため彼の会社を訪ね、その仕事を知った時、人と接し、人の為になる仕事をしたいと胸にあった私は感銘を受けました。それが、この仕事を志願した理由の一つでもあったのですが、何よりも私の一番信頼出来る渡辺淳と共に仕事をしたいと思ったのが最もな理由でした。


【今後の展望・意気込み】

フロアーマネージャーとして、より清潔で整理整頓されたジム環境を作り上げていきたいと思います。


[取得免許]
  1. 脊髄損傷回復スペシャリスト(プロジェクトウォーク)2009年10月8日 取得
    Certified Spinal Recovery Specialist (CSRS) by Project Walk
    http://www.projectwalk.org/
  2. J-Workout公認トレーナー
  3. AED心肺蘇生法実技講習 修了済
  4. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

久保亜紀子

J-Workout公認トレーナー

久保 亜紀子


【自己紹介】

関西圏なのに東京から6時間ほどかかる和歌山県新宮市出身、大学は神奈川、そして今年から東京都民になった久保亜紀子です。中学高校とバスケットボール部に所属。スポーツ全般するのも観るのも大好きです!大学では体育学部生涯スポーツ学科に所属し、主に障碍者スポーツを専攻。
知的障碍の特別支援学校でバスケットボールの指導をしたり高齢者スポーツの指導といった活動を行っていました。


【J-Workoutに就職した理由】

J-Workoutの存在を知ったきっかけは、大学の授業で観たウォーキングイベント「KNOW NO LIMIT 2009」のDVDです。目標に向かって諦めない一生懸命な姿を見て感動したと共に、こんな会社が日本にあるんだ!ということに驚愕。実際に見学させてもらった際に、トレーニング中のクライアントとトレーナーの真剣ながらも笑顔で明るい雰囲気に惹かれ、就職を希望しました。


【今後の展望・意気込み】

クライアントからも他のトレーナーからも信頼されるトレーナーになるために多くのことを学んでいきます! そして社会人として肉体的にも?精神的にも成長していきたいです!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 初級 障害者スポーツ指導員(財団法人 障害者スポーツ協会)
  3. 赤十字救急法(日本赤十字社)
  4. スポーツプログラマー(財団法人 日本体育協会)
  5. スポーツリーダー(財団法人 日本体育協会)
  6. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

小田 恵里花

J-Workout公認トレーナー

小田 恵里花


【自己紹介】

4期生の小田恵里花です。小学から大学までずっとスポーツを続けてきた中で現在のポジティブな心とたくましい身体を大いに育んできました。
小・中学と軟式野球を7年間男子に混ざり続け、常に希望を捨てず努力した結果、中学までずっとレギュラーとして活躍(学童野球で全国制覇、中学総体で関東ベスト8)大きな夢も踏み出す勇気と小さな努力なんだ!!と小学生ながらに実感したのを今でも強く覚えています。高校・大学では陸上競技の投擲、やり投を専門に競技を続け、夢の50m超えでインカレ5位入賞。将来はスポーツの指導に関わりたいと考えていたので体育大学でスポーツ科学を専攻。運動の分野を多岐に渡り学びました。


【J-Workoutに就職した理由】

車椅子プロテニスプレイヤーの国枝慎吾選手の特集番組で、今は亡き渡辺淳先生の姿を拝見し、この世界に一気に引きこまれました。
不可能といわれていることに挑戦している姿を見て胸が熱くなったと共に、私もこの世界で一緒に常識を覆していきたいと強く思いました。私自身もスポーツを続けてきた中で、周りに「困難だ...厳しい...」といわれる状況になればなるほど、力がみなぎってくるようなタイプだったので、どんな状況でも諦めない!この精神が、この仕事でも生かせるのではないかと思い、この道に進みました。


【今後の展望・意気込み】

とにかく前進あるのみです!!
たくさんの元気と希望を与えていけるよう、そしてクライアントさんの積み重ねの小さな努力を大きな変化へと繋げられるよう、自分自身が常に進化し続けていたいと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 一般体操指導員資格
  3. 中学/高校教員免許(保健体育)
  4. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

堀江 悠太

J-Workout公認トレーナー

堀江 悠太


【自己紹介】

3歳〜中学生 水泳
・中学生 バスケ
・高校生 水泳
・アメリカのサウスダコタ州にある大学でアスレチックトレーナーの学科を専攻し、3年間大学や高校で研修していました。


【J-Workoutに就職した理由】

大学の授業で脊髄損傷について調べている時に J-Workout のHPを見つけました。
大学で学んだ事を活かせる職場で、自分自身も日々成長できる職業だと思い就職しました。


【今後の展望・意気込み】

クライアントと共に日々成長するトレーナーになりたいと思います。
・自分自身にも "KNOW NO LIMIT" 〜限界はない〜という気持ちでがんばります。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)
  3. 公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト(NASM-PES)

澤 幸恵

J-Workout公認トレーナー

澤 幸恵


【自己紹介】

岡山出身で、中学生時代を四国香川で過ごし、長崎の大学で理学療法を学び東京にやってきました。
なので色んな方言が混ざり、言葉遣いがよくわからないことになっています。
小・中と大学でテニスをしていました。運動は大の得意というわけではありませんが、見るのもするのも大好きです。


【J-Workoutに就職した理由】

元々、脊髄損傷の方のリハビリにかかわりたいと思い、理学療法士を目指しました。しかし実際に実習で病院の現場をみて、特に日本ではまだまだ脊髄損傷の方に対する回復という考えはほとんどないことを感じました。
どうにかできないのか、もっと長期的に関われないのかと考えている時に、J-Workoutの存在を知り、調べるうちに私のやりたかったことはこれだと確信しました。本当に偶然に発見したので、ただならぬ運命を感じ、迷わず履歴書を送りました。

【今後の展望・意気込み】

『努力は実る』『継続は力なり』という言葉のもと、今まで過ごしてきました。今後もそれを信条とし、私自身常に成長したいと思います。更に今まで学んだ知識もうまく使い少しでもみなさんのお役に立てればと思っています。
人と関わることが大好きなので、みなさんが楽しくトレーニングできるようなサポートができればと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

清瀬 麻依子

J-Workout公認トレーナー
メディカルマネージャー

清瀬 麻依子


【自己紹介】

兵庫県出身で、これまでずっと兵庫、大阪から出たことはありませんでした。入社前まで看護師として病院勤務をしていました。


【J-Workoutに就職した理由】

救命センターで5年間勤務しながら、様々な疾患の患者さまを経験させてもらいました。そこでは、患者さまが超急性期を乗り切るための看護をしてきましたが、その後患者さまが退院してから、どうやって生活へ戻っていかれるかに興味が湧いてきました。
リハビリにも種類はたくさんありますが、特に「立つ・歩く」という大きな目標に向かって、クライアントさんと共に自分も希望を持てる仕事がしたいと思いました。


【今後の展望・意気込み】

トレーニングについてはわからないことだらけです。先輩、同期に学びながら、クライアントさんからもたくさんのことを教えてもらいたいと思っています。
看護師としての視点も大事にしていきたいです。まずはクライアントさんと良い関係を築いていくのが今の目標です。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 看護師
  3. 保健師

日高 淳志

J-Workout公認トレーナー

日高 淳志


【自己紹介】

2015年4月より入社致しました。8期生の日高淳志です。出身は宮崎県で、大学は沖縄県の大学でスポーツ健康分野について学んできました。小、中学校では空手、高校大学では陸上部へ入り短距離種目を専門に行ってきました。


【J-Workoutに就職した理由】

高校3年生の頃、漠然とトレーナーという職業に就きたいと思っていました。 その時、「夢の扉」という番組を見て、J-workoutの事 を知りました。その時の衝撃を忘れられず、自分もこの会社で常識を覆す1人になりたい。1人でも多くの人が歩けるために力になりたいと思い、入社を決めました。


【今後の展望・意気込み】

日々どんな小さなことでも積み重ね、確実に成長し続けていきたいと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. ACCA アスレティックコンディショニングコーチ アドバンスD
  3. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

石河 直樹

J-Workout公認トレーナー
リサーチセンター センター長

石河 直樹


【自己紹介】

10期生の石河直樹です。愛知県出身で前職は、回復期病院にて4年間理学療法士として勤務を致して下りました。病院では、脳卒中、整形疾患、脊髄損傷、切断患者様など多くの患者様に対してリハビリを提供させて頂きました。これらの経験とJ-workout独自のトレーニングを融合させてクライアント様に提供していきたいです。
趣味は、読書・映画鑑賞やフットサル・スノーボードなどインドアとアウトドア両方です。


【J-Workoutに就職した理由】

前職で脊髄損傷患者様の回復期後のリハビリ施設を調べていた際にインターネットで知りました。脊髄損傷者のトレーニング施設は、全国的に少ないですが脊髄損傷を専門に積極的に訓練を行っているJ-Workoutの理念に感動して入職いたしました。


【今後の展望・意気込み】

病院で得た知識と経験、J-workoutの独自トレーニングをうまく融合させ歩行困難と宣言された脊髄損傷者様の歩行獲得を目指し、奇跡・偶然・まぐれと言われないよう成果を上げて将来的には再生医療との連携がとれるようにしていきたいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. Bere foot training specialist

松岡 加織

J-Workout公認トレーナー

松岡 加織


【自己紹介】

10期生の松岡加織です。23年間愛知県名古屋市で育ちました。
小学校から専門学校までずっとバスケ部に所属しており、プレーするのも、観戦に行くのも大好きです。
他のスポーツではサッカー、バレーが好きです。
専門学校ではスポーツ選手や一般の人向けのトレーニングやリハビリについてなどの勉強をしてきました。


【J-Workoutに就職した理由】

専門学校2年のときに歩行イベントのDVDを見た際とても感動したと共に私もいつか必ず歩行イベントの舞台に担当のクライアント様と立ちたいと強く思いました。 一緒に目標に向かってトレーニングをし一緒に成長していきたいと思い入社致しました。


【今後の展望・意気込み】

「脊髄損傷=歩けない」という考えを覆していきます。
持ち前の明るさを生かし周りの人たちを笑顔にしていけるようサポートしていきたいです。
自分自身も限界を作らず常に前を向いて突っ走って行きたいと思ってますのでこれからよろしくお願いします!!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー

西山 千里

J-Workout公認トレーナー

西山 千里


【自己紹介】

10期生の西山千里です。福島県出身。
仙台のスポーツトレーナーに在学中にJWを知り、もう少し勉強してから就職しようと思ったため理学療法士の専門学校へ進学しました。
食べることが大好きで、せっかく上京したので美味しいものをたくさん食べに行きたいと思っています!


【J-Workoutに就職した理由】

イベントのDVDを見る機会があり、直感でここで働きたいと思いました。脊損は歩けないという常識のようなものを打ち破るこの会社で、私も一緒に笑顔と感動を味わいたいと思い、入社しました。


【今後の展望・意気込み】

楽しくトレーニングを行っていただける環境を作れるよう、私自身も明るく元気に業務に励みたいと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. NSCA認定パーソナルトレーナー
  4. 初級障がい者スポーツ指導員
  5. 健康運動実践指導者

山田 優作

J-Workout公認トレーナー

山田 優作


【自己紹介】

11期生の山田優作です。高校卒業後に柔道整復師の専門学校に3年間通ってたため現在21歳です。高校時代にラグビーをしていた関係で柔道整復師を目指そうと思いトレーナーコースのある専門学校に通いました。それがJ-Workoutとの出会いともなりました。


【J-Workoutに就職した理由】

専門学校時代にトレーナーコースに所属していて高校ラグビー部のトレーナーとして活動してました。
その際に自分で1から考えて行うリハビリにやりがいを感じ、JWにも同じようなやりがいがあると感じ決めました。


【今後の展望・意気込み】

まずはアシスタントとなってより良いサポートを心がけます。同期の中で一番若いですが、若さを生かして頑張っていきます。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 柔道整復師

大柴 優樹

J-Workout公認トレーナー
リサーチスタッフ

大柴 優樹


【自己紹介】

12期生の大柴優樹です。
中高時代にやっていた陸上での怪我をきっかけに理学療法士を目指し、前職では急性期病院で2年間働いていました。


【J-Workoutに就職した理由】

元々パラスポーツに興味があり、もっと脊髄損傷者の身体について勉強したい、人脈を増やしたいと思ったのをきっかけに転職を志しました。
インターネットで色々と調べている中でJ-Workoutに出会い、「ここだ!」と思いました。


【今後の展望・意気込み】

『人のために全力になれる人』をモットーに、目の前のクライアント様と真摯に向き合っていきます!
そして回復を一緒に喜び合いながら、楽しくトレーニング出来たらと思いますので、何卒よろしくお願い致します!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士
  3. 中級障がい者スポーツ指導員


遠藤和心

J-Workout公認トレーナー

遠藤 和心


【自己紹介】

東京都東大和市出身。
大学ではアスリートの傷害予防と競技復帰までのリハビリについて主に学んできました。現在まで子供から高齢者まで、野球やアメフトのプロからアマチュアまで、様々なカテゴリーの方に対して運動指導を経験してきています。


【J-Workoutに就職した理由】

大学2年次に、大学の先生からご紹介いただいたボランティア先で、私の大学のOBである伊佐さんに出逢いJWのことを知りました。
その数か月後に、スポーツが大好きだった友人の弟くんが脊髄損傷になったことを知り、何故か他人事には思えず、脊髄損傷との不思議な縁を感じたことがきっかけです。


【今後の展望・意気込み】

何かの巡り合わせで私と出逢ってくださった全ての方を大切にしたいと思っています。一緒に成長しながら、一緒に限界を超えて、目指す姿に一緒に到達したいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 初級 障害者スポーツ指導員(財団法人 障害者スポーツ協会)
  3. 赤十字救急法(日本赤十字社)

吉田 瑠菜

J-Workout公認トレーナー

吉田 瑠菜


【自己紹介】

12期生の吉田瑠菜です。小学生から大学生までバスケットボール部に所属し、身体を動かすことが好きです。大学では体育学部生涯スポーツ学科で幼児から高齢者までのスポーツや指導法を学びました。


【J-Workoutに就職した理由】

大学の授業でJ-Workoutの紹介映像を観たのがきっかけです。このような会社があるんだ!と驚いたと同時に、目標に向かって全力でトレーニングをしている方々の姿に感動しました。その感動の瞬間を一緒につくりたいと思い就職しました。


【今後の展望・意気込み】

クライアント様と一緒に回復に向けて、嬉しいことも悲しいことも共有していきたいです。そして、一緒にトレーニングがしたい!と思っていただけるトレーナーを目指します。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 中学・高校教員免許(保健体育)

浅見明子

J-Workout公認トレーナー

浅見 明子


【自己紹介】

小さい頃からスポーツ好きで、小学生では、バレーボール部、中学は柔道(初段)、高校バスケットボール部、大学は某女子体育大学でトランポリン部に所属していました。そして、社会人になってからドラゴンボートを漕いでいます。(2009年-世界選手権出場@プラハ  2011年優勝 日本選手権)
日々英語を使うJ-Workoutですが、学生時代のアメリカはコロラド州への留学、社会人1年目に西オーストラリア州の小・中学校でホームステイをしながら日本語教師をしていた経験をいかし頭と身体を使って元気をモットーに働いています。


【J-Workoutに就職した理由】

初めは臨時スタッフとして働き出しましたが、実際にクライアントの方々やトレーナー陣のどんな時でも挫けない前向きな気持ちや熱いハートに触れ、私にも何かできることはないか?クライアントの方の夢を叶える手伝いがしたい!と思い就職を希望しました。


【今後の展望・意気込み】

毎日少しずつ地道に勉強し成長していきたいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 介護予防運動指導士(東京都老人総合研究所)
  3. 健康運動指導士(財団法人 健康・体力づくり事業財団)
  4. スポーツプログラマー(財団法人 日本体育協会)
  5. 中学 / 高校教員免許(体育)
  6. 日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)
Osaka Studio

八木 崇

J-Workout公認トレーナー

八木 崇


【自己紹介】

京都で生まれ、幼少期から水泳、野球、サッカーと身体を動かすことが好きで、自然と身体のことに興味を持ち、仕事になりました。思ったことはやらないと気がすまない性格なので、栄養、スポーツ、鍼灸とさまざまな分野に関わり、身体が変わることで、身体と心を元気にすることをやりがいとしてやってきました。


【J-Workoutに就職した理由】

パーソナルトレーナーとして活動していた時期に契約していたフィットネスジムの年末総会で、人生をかけてクライアント様のために活動する志の高い会社だと J-Workoutが紹介されました。心の底から感動し、ぞわぞわした感覚があり、自分も同じ気持ちで、仕事がしたいと思ったのが、就職動機です。


【今後の展望・意気込み】

J-Workoutでの知識や経験を積むことはもちろん、栄養のことをもう一度本質から深く学びなおし、クライアント様の回復スピードがより早くなるように努力し脊髄損傷の将来が、より明るくなるようにしたいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 栄養士
  3. JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会)
  4. 鍼灸師

植田 翔介

J-Workout公認トレーナー

植田 翔介


【自己紹介】

9期生の植田翔介です。兵庫県出身。理学療法士を育成する大学を卒業し、在学中はホテルでアルバイトをしていました。幼い頃から身体を動かす事が好きで、小中高と野球をやってきました。また野球だけでなくスポーツは全般的に好きです。


【J-Workoutに就職した理由】

大学の求人欄でJ-Workoutの存在を知り、イベントの映像やホームページを見て、自分が在学中に学習していたものと、全く違った世界を目の当たりにし、他にはないこの環境で働いてみたいと思ったのが就職を希望した理由です。


【今後の展望・意気込み】

クライアント様の目標を達成するため、歩行はもちろんの事、その先の生活まで変えていける人になっていきたいです。「心は熱く、頭は冷静に」をモットーに精一杯努めさせていただきます。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 理学療法士

和田 桃子

J-Workout公認トレーナー

和田 桃子


【自己紹介】

こんにちは、9期生の和田桃子です。
福岡県出身。小さい頃から一輪車や縄跳びなど外で遊ぶ事やスポーツ観戦が大好きでした。中学・高校ではソフトテニス部に所属し、専門学校では実習で3年間アメリカンフットボールのトレーナーをさせて頂き今まで色々な形でスポーツに関わってくることが出来ました。


【J-Workoutに就職した理由】

専門学校の実習の中で「脊髄損傷=回復しない」ということを知りました。しかし、TVでJWのことを見て日本にこんな場所があるんや″と感動し衝撃を受けた事は今も忘れません。見学に行った時の先輩方とクライアント様がひとつになって挑戦し続ける姿はとてもかっこよく私の目標となり、自分もここでトレーナーになることを決めました。


【今後の展望・意気込み】

今クライアント様の為に私ができる事は少ないですが、感謝の気持ちと毎日の学びを大切に成長して行きたいです。そしてクライアント様のやりたい″をひとつでも多く叶え、周りの方々を笑顔にできるトレーナーになります!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 日本体育協会公認アスレティックトレーナー

文田 元気

J-Workout公認トレーナー

文田 元気


【自己紹介】

11期生の文田元気です。大阪出身、中高6年間野球をやっていました。
トレーナーの専門学校を卒業後、社会人アメリカンフットボールチームでヘッドトレーナーを3年間、トレーナー活動の合間はデイサービスで運動指導やパーソナルトレーニング、ジュニアアスリート育成などにも携わらせて頂きました。


【J-Workoutに就職した理由】

学生の頃からJ-Workoutの存在は知っていて、脊髄損傷専門のジムってなんだろうと思いながら違う道へと進みました。その後、転職の機会があり職を探している時に私のパーソナルトレーニングにJWスタッフがたまたまトレーニングを受けに来られました。話を聞いているうちに興味を持ち、一度スタジオに見学に行ったとき、脊髄損傷者が歩いている姿を目の当たりにしとても感動しました。私も脊髄損傷専門のトレーナーになり一人でも多くの方が歩けるようにサポートできる、そしてパラスポーツにも関わることができるトレーナーを目指したいと思い、J-Workoutに就職することを決意しました。


【今後の展望・意気込み】

今まで経験したことや学んだことをクライアントの皆様に提供できるように頑張っていきたいと思っております。ニーズに応えられるトレーナーを目指し日々精進してまいります。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. JATI-ATI
  3. 日本コアコンディショニング協会 ベーシックトレーナー
  4. 健康実践指導者

細野 江里子

J-Workout公認トレーナー

細野 江里子

【自己紹介】

埼玉生まれ、横浜育ちで学生時代は陸上競技をしておりました。管理栄養士の養成校を経て新卒でJ-Workoutに入社しました。


【J-Workoutに就職した理由】

私は健康に大切な3本柱の運動・栄養・休養を支えられる人になりたく思っていました。それは脊髄損傷者が歩行機能回復するために必要なことで、自分が目指す人材像は脊髄損傷者の回復に何か活かせるのではないかと思い就職を希望しました。


【今後の展望・意気込み】

クライアントの皆様の「なりたい姿」「やりたい事」に全力で向き合いたいと思います!
JWトレーナー×管理栄養士として健康増進と歩行機能回復に挑戦し続けます!


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 管理栄養士
Fukuoka Studio

酒井 翔太郎

J-Workout公認トレーナー

酒井 翔太郎


【自己紹介】

8期生の酒井翔太郎です。茨城県水戸市出身。
中学・高校ではサッカー部に所属。
アスレティックトレーナーの専門学校、鍼灸の専門学校を卒業。卒業後、鍼灸院で2年間勤務しながら、大学ラグビー部でアスレティックトレーナーとして活動していました。


【J-Workoutに就職した理由】

大学ラグビー部でのトレーナー活動を通してJ-Workoutの存在を知り、目標に向かって諦めずに努力するクライアントさんの姿を見て感動したと共に、クライアントさんとトレーナーの強い信頼関係を感じました。
自分もクライアントさんと強い信頼関係を築き、一緒に目標に向けて挑戦したいと考え就職を希望しました。


【今後の展望・意気込み】

挑戦する姿勢を忘れずに、日々成長できるよう頑張りたいと思います。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー
  2. 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
  3. 厚生労働省認定 鍼灸・あん摩マッサージ指圧師
  4. 日本ACLS協会 BLSヘルスケアプロバイダー(CPR・AED)

岡本 美穂

J-Workout公認トレーナー

岡本 美穂


【自己紹介】

11期生の岡本美穂です。福岡出身。小さい頃から身体を動かすことが大好きで 中学、高校でサッカー部に所属していました。


【J-Workoutに就職した理由】

披露イベントを拝見した際に、私もここで働きたい!と強く思いました。また、クライアントの方の目標にや夢を一緒に叶えるということに凄く感動しました。


【今後の展望・意気込み】

脊髄損傷=回復しないという概念を覆していきたいです。
そして、クライアントの方々の夢を一緒に叶えていきたいです。


[取得免許]
  1. J-Workout公認トレーナー

J-Workoutスタッフ
■スタッフ写真